最強の洗濯時短術「洗濯乾燥機」ママから選ばれる5つの理由

※当サイトにはプロモーションが含まれており、紹介した商品やサービスをお客様が利用することで、売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

干す手間を一気に省ける「乾燥機能付きの洗濯機」は洗濯の最強時短術。

でも高額な家電のため買い替えも躊躇してしまいますよね。

「本当に便利?」

「デメリットは?」

と考えているあなたへ。

この記事では実際に使用している私が洗濯乾燥機のメリット・デメリットをママ目線でお伝えしています。

家事育児に余裕を持ちたいと考えている方にとって参考になってくれれば嬉しいです。

乾燥機能付き洗濯機は忙しいママの心強い味方です!

この記事でわかること

  • 洗濯乾燥機のメリット・デメリット
  • 洗濯乾燥機の使用例
  • ママにおすすめの洗濯機

是非読み進めてみてくださいね。

\おすすめの日立最新モデル!/

最安値:¥308,000

\ママにおすすめの最新モデルの洗濯機を紹介/

洗濯時短は「洗濯乾燥機」が断然おすすめ!

洗濯時短の洗濯乾燥機

洗濯は「洗う・干す・畳む・しまう」など工程が多く、朝の時間も夕方の時間も時間を奪われる大変な家事ですよね。

ですが洗濯乾燥機を使えばかなり時短ができるので忙しいママにはおすすめです。

ただし、使用上の注意点もあるので、対処法と併せてお伝えしていきます。うまく使いこなせば本当に便利な家電なのでぜひ検討してみてくださいね。

洗濯乾燥機の5つのメリット

洗濯時短の洗濯乾燥機 メリット

まずは洗濯乾燥機がママにとってどんなメリットがあるのか紹介していきます。

①干す手間、取り込む手間から解放!

洗濯時短の洗濯乾燥機メリット①

洗濯乾燥機の最大最強のメリットは

洗濯機1つで洗濯から乾燥まで済んでしまう

こと。忙しいママは洗濯をしている時に、

  • 後追いする子どもに阻まれて干すのに時間がかかる•••
  • ただでさえ子ども服は小さくてハンガーにかけにくいのに更に量も多くて面倒…
  • 忙しい朝に洗濯バサミをばら撒いてしまって「あーもう‼︎」とイライラ
  • 帰って子どもが「お腹が空いた」と暴れ回る中バタバタ取り込む
  • 子どもが寝てから畳もうと思ったら寝落ち•••

なんていう場面に出くわすことはないですか?

洗濯中にイライラしたりため息をつくことなんてパッと思い浮かぶだけでもたくさん出てきます。

洗濯乾燥機は面倒な干す手間や取り込む手間を省くことができるので、そういった大変な思いをかなり減らすことができます。

洗濯物を「畳んでしまう」だけになるので、朝干して、夕方取り込んで、夜畳んで、という1日の間に何度も割かなくてはいけなかった洗濯の時間を1度で済ますことができるようになります。

ママの体の余裕はもちろん心の余裕が持てるようになるので、それは子どもにもとっても良い影響になります。

いかにママのイライラを減らせるのかは育児中にはとっても大切ですよね。

ママが笑顔でいられることが子どもの笑顔にもつながります。

②洗濯が「パパの役割」に?!

洗濯時短の洗濯乾燥機メリット②

洗濯乾燥機にも予約機能がもちろんついています。

ママの都合の良いタイミングに合わせて予約をしておけば、家事の見通しもしやすいです。

工程も「畳んでしまう」と簡単になるので「洗濯はパパの役割」にしても良いかもしれません。出勤前にやってもらったり、遅めの時間に設定すれば帰宅後にやってもらうこともできます。

我が家の場合は起床時間に予約しておいて、旦那と一緒に畳んだり、手が空いている方が畳んだりと臨機応変にしています。

洗濯乾燥機を使う前は「干すのから畳む」まで私が100%やっていましたが、今は「畳んでしまう」だけなので旦那も手伝ってくれるようになりました。

洗濯乾燥機を使えば洗濯は「パパが参加しやすい家事」になります!

③洗剤も勝手に投入してくれる!

洗濯時短の洗濯乾燥機メリット③

洗濯乾燥機の中には「洗剤自動投入機能付き」の洗濯機があります。これは洗濯機が自動で洗濯物の量を計測して、それに合った量の洗剤を自動投入してくれる機能です。

「間違えて洗剤口に柔軟剤を入れてしまった」「液が垂れて手が汚れた」などの小さいミスや投入量をキャップにいれて測ったり、洗剤入れた後に柔軟剤に持ち替えて…と小さな手間

「そのくらいなら変わらないのでは?」と思ってしまいますが、その小さな手間から解放された後には「今まで地味に大変だったんだな」とわかると思います。そしてその機能を使い続けることに…。

詰め替え用をそのまま使えるので、手が汚れたり垂れたりして面倒臭い容器に入れ替える手間からも解放されます!

\育児中のママにおすすめしたい洗剤/

④意外と経済的!

洗濯時短の洗濯乾燥機メリット④

「乾燥機使ったら電気代が大変じゃない?」と思いがちですが、洗濯乾燥機は意外に高くないんです。

よく比較されやすい浴室乾燥機と「洗濯1回あたりの電気代」を比べてみると、

  • 洗濯乾燥機:¥15〜40
  • 浴室乾燥機:¥95〜110

圧倒的な差がありますよね!

洗濯乾燥機は1ヶ月使っても¥450〜1,200

外に干すよりはもちろん費用はかかりますが、このくらいで楽になれるならとても良いですよね。

⑤天気予報を気にしなくて良い

洗濯時短の洗濯乾燥機メリット⑤

晴れた日は外に干すと衣類はカラッと乾き気持ちがいいですよね。

その一方、雨の日は最悪。室内干しでは乾きも悪く、浴室乾燥の場合、狭くで2回に分けて乾燥しなくてはいけなかったり手間がかかります。

洗濯乾燥機を使えば晴れても雨でも曇りも関係なく毎日同じ手順で、同じ時間に洗濯物を片付けることができるので家事リズムも乱れません。

毎日コンスタントに洗濯ができるので保育園などである程度必要な子どもの服の洗い替えの予備も少なくて済みますよ。

急な雨もへっちゃらです!

洗濯乾燥機の5つの注意点

洗濯時短の洗濯乾燥機デメリット

洗濯乾燥機は上手く使いこなせばかなり便利で手放せない家電ですが、私が使用している上で感じる「不便さ」や「気をつけるべきこと」が5つあるので紹介していきます。私が行っている対処法も併せてお伝えしているので参考にしてみてくださいね。

①乾燥できる容量は5〜6キロ

洗濯時短の洗濯乾燥機デメリット①

洗濯乾燥機は洗濯機の容量によって洗濯できる量・乾燥できる量が決まっています。

販売されている洗濯機の中で家族用の大きいサイズの洗濯機は洗濯は10~12キロまで可能でも乾燥出来るのはその半分の5~6キロです。

私が初めて知った時には「半分しか乾燥できないの?」「大丈夫?」と思ってしまいましたが、小さい子を含む5人家族の我が家でも1日1回洗濯機を回せば洗濯の量も5~6キロで済むので実際はあまり困っていません

シーツを洗いたい時や旅行帰りで洗濯物が多い時には1回の洗濯では済まないため注意が必要です。

日常的に使う分には問題ないので安心しましょう!

②毎回乾燥フィルターの手入れが必要

洗濯時短の洗濯乾燥機デメリット2−1

乾燥機能を使用した後には乾燥機能を維持するために必ず乾燥フィルターの手入れが必要です。

少し手間がかかりますが小さい子どもを育てている家庭には必ずある

「おしり拭き」を使えば1分

で終了するのでそんなに面倒くさくはありません。

洗濯時短の洗濯乾燥機デメリット2−2

写真では見にくいかもしれませんが、乾燥フィルターを外しフィルターケースのほこりを取った後、上記の矢印の部分をおしり拭きでササっと拭けば終了です。慣れないと3分、慣れれば1分です。

週に1回ほどパーツを外して奥の方のほこりを掻き出すことが必要ですが、これも5分ほどで終了するのでそんなに大変ではありません。

ただ、乾燥機能を使用するにあたって全く手入れが不要なわけではないので注意してください。

メーカーによって手入れ方法も違うので購入の際には要チェックです!

ちなみに、、

日立の最新モデルは手入れ不要になっているようです…!これはいい…‼︎

\なんと!手入れ不要の最新モデルが発売!/

最安値:¥308,000

③子どもの事故に注意

洗濯時短の洗濯乾燥機デメリット③

洗濯乾燥機に限りませんが、ドラム式洗濯機では子どもの閉じ込め事故のリスクが言われています。チャイルドロック機能がついている洗濯機がほとんどですが、ロックをし忘れてしまうこともあると思うので、

  • 蓋をしっかり閉める
  • 子どもに危険性を伝える

ことも併せて行うようにしましょう。

また、ドラム式洗濯機は上面が平らなため上に登って座りたがる子もいるようですが、転落の危険性があるため絶対に止めておきましょう。

我が家でも子どもが洗濯機を触るたびに「閉じ込められる」「蓋は触らない」と少し怖い言葉で諭すようにしています。

④素材によっては縮んでしまうことも

洗濯時短の洗濯乾燥機デメリット④

乾燥機の最大の弱点、それは素材によっては

「服が縮んでしまうこと」

熱に弱い繊維の場合、乾燥機の高温で縮んでしまいます。1サイズ縮む場合もあります。

私は最初知らなかったので「ん?丈が短くなった?」と疑問に感じていましたが今では「もっと調べておけば良かった•••」と後悔しています。洗濯表示でも乾燥機可能か確認できますが、

  • 綿、麻、絹、ウール、レーヨンなどの天然素材
  • ナイロンやポリウレタン化学繊維
  • ポロシャツやTシャツなどの編み地の服

は縮む可能性があるので注意が必要です。

「え、洗えない服がほとんどじゃん…」と思ってしまいますが、洋服に使われている素材の中で大丈夫なものが1つ。それは

ポリエステル

ポリエステル素材の服は多く売られているため、ポリエステルが多く使われている服を意識して購入するようにすると良いでしょう。

その他に私が行っている対策として、

  • 大人の私服は溜めて別で洗う
  • 大人は1サイズ、子供服は2~3サイズ上で買う
  • サイズの変化が分かりにくいタオル類は諦める

の3つが挙げられます。まずは最近の洋服は縮むことを想定してサイズを大きめにして購入しています。元々、子どもの服は長く着れるように大きめサイズを買っていたので、子ども服は多少縮んでもそんなに気にならないのですが、

大人の服は縮むと寸足らずが気になる

そのため私は縮まりやすい素材の私服は何日分か溜めておいて別で洗って干すようにしています。タオル類は乾燥機で乾かし続けていますが、縮んでいるのか分からないくらい気にならないです。

なんだかんだ言ってますが、我が家は1日の洗濯物のうち子供服、タオル、仕事着含め9~10割は乾燥機にかけています。

⑤シワになりやすい

洗濯時短の洗濯乾燥機デメリット⑤

乾燥機能を使用する上で引っかかるもう一つの難点。

「シワになりやすい」

Tシャツやワイシャツなど洋服によってはシワが目立ってしまうことも。シワを無くすことはできないですが、なるべく減らすためにできることが3つあります。

  • 容量を守り詰め込みすぎないこと
  • 乾燥が終わったら早く取り出すこと
  • シワを避けたい服は別で洗う

たくさんの衣類を乾燥させようと詰め込みすぎてしまうと、乾燥機の中で洗濯物が動かず重なってしまうため、乾燥にも時間がかかりシワが発生しやすくなります。

また洗濯機の中で衣類が重なったまま放置され冷却されていくと重なったシワが残ってしまいます。

乾燥が終わったらなるべく早く取り出すように意識すると良いと思います。

我が家の場合、仕事着も乾燥機で乾かしていますがやはりシワが目立ってしまうので、2~3日に1度はアイロンをかけています。そう言った手間も洗濯乾燥機にはかかる可能性があるので注意してください。

アイロンは面倒だな〜と思うことは正直ありますが、干してもアイロンをすることはあるので同じだと思って頑張ってます。

\シワになりにくい「風アイロン」搭載!/

最安値:¥308,000

以上、洗濯乾燥機のデメリット・注意点を細かく挙げていきました。

実際に洗濯乾燥機を買ったけど乾燥機能は使っていないママもいますし、使い分けしているママ、フル活用しているママと私の周りだけでも人によって色々な使用パターンがあるので、

自分に合った活用方法で少しでも余裕が持てたり楽になれたりすれば良いですね。

\洗濯乾燥機以外の時短術も紹介!/

洗濯時短〜我が家の洗濯乾燥機の場合〜

洗濯時短の洗濯乾燥機 我が家
我が家の洗濯機

ここでは「もし洗濯乾燥機を買ったらどんな生活…?」というイメージを膨らませたい方の参考になれば嬉しいです。

我が家は双子を含む保育園児3人と夫婦の5人家族。

私は洗濯乾燥機は総じて「買って良かった」と日々思っています。

その理由にも触れながら我が家が日々活用している洗濯乾燥機の使用パターンをお伝えします。

我が家の使用パターン

我が家は洗濯機の使用パターンは決まっていて毎日同じルーティーンを繰り返しています。我が家が愛用している洗濯乾燥機は

日立 ドラム式洗濯乾燥機

です。

\我が家の洗濯乾燥機はこれ!/

 

最安値:¥216,000〜

①夜寝る前に予約

洗濯時短の洗濯乾燥機説明 ボタン

夜寝る前に洗濯物をまとめて入れて起床時間にセット。洗剤・柔軟剤も自動投入してくれます。

ちなみに洗剤・柔軟剤の量は「多め」「普通」「少なめ」が選択可能です。

「夜うるさくない?」と不安になりますが大丈夫。夜間モードもあって静かに回してくれる機能があります。

といっても一軒家であれば通常モードでもそんなに音は気になりません。

②朝取り出す

朝起きたら、乾燥されたホカホカの洗濯物を取り出します。

取り出す前に蓋の内側に乾燥過程で出るホコリがついているのでおしり拭きでサッと拭きます。

洗濯時短の洗濯乾燥機の説明 蓋
蓋の内側
洗濯時短の洗濯乾燥機の説明 ゴムパッキン
洗濯機ドアパッキン部

大判タオルがたまーにしっかり乾いていない時がありますが、乾き具合も「しっかり」「普通」「軽く」でお好みに合わせることができます。

③フィルター掃除

洗濯物を取り出した後は、そのままフィルター掃除を行います。

もう慣れたものでおしり拭きを使って1分で終了。

洗濯時短の洗濯乾燥機の説明 掃除

2週間に1回ほど「洗剤補充のマーク」「糸くずフィルター掃除のマーク」が点滅するのでその都度補充・掃除をします。

洗濯時短の洗濯乾燥機の説明 洗剤補充
洗剤補充
洗濯時短の洗濯乾燥機の説明糸くずフィルター
糸くずフィルター

糸くずフィルターはおしり拭き+爪楊枝で綺麗になります。

最新モデルは手入れ不要のものが出ているみたいですね。羨ましい…!

\なんと!手入れ不要の最新モデルが発売!/

最安値:¥308,000

④畳んでしまう

洗濯時短の洗濯乾燥機 畳む

子ども達がごはんを食べている間に畳んでしまいます。

ごはんに集中しない双子がいるので「早く食べなよ〜」と言いながら、時には食べさせながら畳むのが日常です。

旦那とはごはんを作る方・洗濯物を畳む方に分かれてなんとなく役割分担をしています。

これで洗濯物は終了。

朝の15分で終わり

ました。

この後に、溜まった大人の私服を洗ったりすることもありますが、4、5着なので干すのも負担ではありません。基本的にシーツや大きな洗濯は休みの日にするようにしています。

こんな感じで平日は朝に洗濯物を片付けてしまうので、夕方の家事が減ってかなり楽になりました。

\最新の洗濯機情報を紹介/

実際、購入して良かった?

洗濯時短の洗濯乾燥機 買った感想

洗濯乾燥機はママにとって最高なメリットがある一方、気になるデメリットも多いと思います。

それに家族で使うために大きい洗濯機を買うとなると20万以上はかかります。私も買う時は迷いました。

それでも我が家は購入して良かったのか?

答えはもちろん、

買って本当に良かった!

と思っています。私が買って良かったと思う理由は大きく3つ。

  • 朝・夕方の余裕が全然違う
  • 子どもに優しくなれる
  • 夫の協力が得られるようになった

以前は朝に洗濯を干す際に子どもが「ママどこ〜?」と探しにきたり「抱っこして〜」と言われて作業が進まない!ってことは毎日だし、出発時間は迫るしでイライラしていました。

でも今は朝に子どもを見守りながら洗濯物を畳めるので子どもと安心して過ごすことができます。

洗濯時短の洗濯乾燥機 イメージ

…まあ、畳んだ洗濯物を踏まれて「やめて〜」と言うこともありますが、干すのに比べたら大変さは半分以下です。

また、朝のうちに洗濯は片付けまで終了しているので夕方に急いで「洗濯物を取り込まなきゃ!」がなくなり、すぐにお風呂や食事の準備に取り掛かることができます。

洗濯時短の洗濯乾燥機 取り込み

夕方に必要な大きな家事を1つ減らすことができるのはかなり嬉しいですよね。

ママがイライラしてしまう原因として、

「時間に追われ余裕がないのに子どもが言うことを聞いてくれない…」

ことが多いと思います。

でも【子どもが言うことを聞けないことは当たり前】。ママもそれが分かっているからこそ、怒ってしまう自分が嫌になったりします。

私は洗濯乾燥機を使うようになって子どもをゆっくり見守る余裕ができたことでイライラが減り、子供に優しくなれたのは1番良かったと思っています。

洗濯時短の洗濯乾燥機 夫の役割

また我が家の場合、洗濯乾燥機を使うようになってから旦那が洗濯を手伝ってくれるようになったのも嬉しい誤算でした。

今までは干すのも取り込みも片付けも全部私でしたが、洗濯乾燥機を使うようになってから自然と一緒に畳んでくれるようになりました。片付ける場所は時々間違えて直したりなんてことはありますが、大助かりです。

これも洗濯乾燥機がなければ「洗濯は妻の役割」という概念が変わらなかったと思うので良かったなと思います。

便利さを知ってしまうと頑張って洗濯物を干していた前の生活にはもう戻れません!

洗濯時短におすすめの洗濯機

\最新式は乾燥フィルターの手入れが不要!/

最安値:¥332,504〜

洗濯乾燥機は日立・AQUA・パナソニック・シャープ・東芝のブランドが主力ですが

おすすめなのは我が家も愛用している

日立のドラム式洗濯乾燥機「ビッグドラム」

日立の洗濯乾燥機は他社製品と比べ、

  • シワが出来にくい
  • 乾燥容量が多い
  • 汚れが取れやすい

と評価の高いブランドです。

特に2022年11月にフルモデルチェンジ!最新式のスペックが熱いんです!羨ましい!

  • シワを伸ばしながら乾かす「風アイロン」
  • 乾燥フィルターの撤廃で毎日のお手入れ不要
  • ドアパッキンのホコリも水で洗い流してくれて手入れ不要
  • 温水機能搭載
  • 自動洗剤投入機能
  • 乾燥時間を132分→98分に短縮

最新式はフルモデルチェンジを行い乾燥フィルターやドアパッキンの手入れが不要の「らくメンテ」

以前は温水機能がなく他社製品に比べられやすい点でしたが、解消されて無敵!

十分便利だと感じていた洗濯乾燥機でしたが、まだまだ上があったのか…凄い!

待望の新モデルです!

最新モデルは高い…けど手入れ不要はかなり嬉しいポイントです!

\ママが洗濯機を選ぶポイントを紹介/

\予算がない!と言う方におすすめ/

最安値¥56,500〜

「洗濯機の買い替えがまだ早い•••」「洗濯機と乾燥機を別で使い分けたい」というママには洗濯機の上に別で設置する「乾燥機」もおすすめです。

価格も5万円台〜と洗濯乾燥機と比べてかなりお買い得。

私の友人は洗濯機とは別に乾燥機を購入して設置、今は夜に洗濯機を回した後に乾燥機に入れ、朝に仕上がるように予約しているそうです。移し変える手間はありますが、「やっぱり便利〜」と言っていました。

簡単な手間と手に届きやすい値段なので乾燥機でもあり!だと思います。

\その他の洗濯時短術も紹介!/

育児中の洗濯時短には洗濯乾燥機を使うべき!

洗濯時短の洗濯乾燥機(まとめ)

さて、今回は「家事育児に余裕を持ちたい!」と考えている方のために洗濯乾燥機のメリット・デメリットをママ目線でお伝えしてきましたがいかがでしたか?

洗濯乾燥機のメリット

  • 干す手間、取り込む手間からの解放
  • 洗濯が「パパの役割」に!
  • 洗剤も勝手に投入
  • 意外と経済的
  • 天気に左右されない

なんと言ってもママに「余裕ができること」が最大の魅力だと思います。

洗濯物にかかっていた時間と労力は3分の1以下になるので子どもにも優しくなれます。

一方で、気になるデメリットも。

  • 乾燥容量は5〜6キロ
  • 毎日乾燥フィルターの手入れが必要
  • 子どもの事故に注意
  • 縮んでしまうことも
  • シワになりやすい

特に服の縮みやシワは気になる点ですが、ポリエステルの服を意識して選んだり、素材によって使い分けするのも良いと思います。

毎日の手入れも干す手間に比べれば楽ちんですが、日立の最新モデルでは乾燥フィルターの手入れも不要になっているので、更にこれからの技術の進歩にも期待できます。

洗濯機は窒息・転落の危険性が高い家電のため子どもを守るためにチャイルドロック機能忘れずに使用すること、同時に危険性を子どもに伝えていきましょう。

メリット・デメリットを踏まえた上で私の場合は子育て中のママには洗濯乾燥機をおすすめしたいです。

だって楽だから!

余裕ができるから!

全然違います!

本当におすすめです。

ぜひ、家事・育児・仕事に追われて大変なママ、初めての育児で不安なママは洗濯乾燥機を検討してみてくださいね。

パパとママが時間と心の余裕が持てることが子どもの笑顔につながります。

みなさんが笑顔で毎日を過ごせますように。

読んでいただきありがとうございました。

\毎日手入れ不要の最新モデル!/

\小さな工夫でストレスフリーに!/

※当サイトはアフィリエイト広告を使用しています。

Follow me!