出産レポート②〜初産37週で男の子を出産:陣痛編〜

こんにちは!アカリです☆

今日は前回に引き続き、第1子の出産レポートを綴りたいと思います。いよいよ産院へ到着!冷たいおばちゃん看護師にイライラします笑

出産レポート①〜37週で2900グラムの男の子を出産〜はこちらから

出産レポ:おばちゃん看護師の内診(絶望Ⅰ)

8月13日4時過ぎ受診。

おばちゃん看護師1人が1人いて、「はいはい〜ちょっと待っててね〜」と私が痛がるのをよそにゆっくりペースで診察を始める。

痛がる産婦は見慣れているだろうからしょうがないとは思いながらももう少し優しくしてくれても…と内心イライラする笑。

内診にて子宮口5cm、看護師に「初産だからまだまだ産まれないからね、1度帰る?心配なら入院でもいいけど」と言われる。

私は即座に入院を希望、だってこれからもっと痛くなるのに家に戻ってまた来るのは地獄でしょ‼

そんな私に看護師は更に「お産を進める為に廊下を歩いて運動するんだよ」と言ってきて、産院の看護師ってこんなに冷たいのか、、と絶望する。

出産レポ:え?姿勢は変えちゃダメ?(絶望Ⅱ)

部屋に案内され、陣痛モニターを装着する。痛みの波が来た際には旦那さんに腰をマッサージして貰い痛みを逃す。

横向きの方が楽だった為、横向き姿勢でいた見逃しを継続する(これも後でおばちゃん看護師に怒られる)。

この頃には下腹部痛よりも腰部痛がメインとなっていた。しばらくすると看護師から「横向いてちゃダメでしょ、赤ちゃんの心拍数が取れないじゃない」と上向き姿勢にされる。

陣痛逃しって色々な体勢があるんじゃないの…とここでも絶望。

ここから姿勢変換出来ないまま陣痛をやり過ごした。

陣痛の波が来ると旦那さんと自分で握り拳で腰をマッサージして痛み逃しをした。

痛みの波が来たときには旦那さんの声かけにはもう返事が出来ず。

出産レポ:子宮口の広がりは?

8時、

痛みは腰からだんだんお尻の方へ移っていた。

1度子宮口が何センチ開いているかを見てもらいたくてナースコール。

ここでもおばちゃん看護師は「まだまだだから」と言う。

でも私は自分の陣痛はどの段階なのか知りたくて強めに再度お願いするとしょうがなく見てくれる(イライラ笑)。

「8cmだね、上手く行けば午前中に産まれるよ」と話がある。

痛みの波には強弱があり、痛みが強い時にはいきみたい感覚が出てきていた。

次回いよいよ分娩室へ行きます!!

出産レポート③〜37週で2900グラムの男の子を出産〜はこちら

Follow me!