出産レポート①〜初産37週で男の子を出産:陣痛の始まり編〜

こんにちは!3歳の男の子と1歳の双子の女の子を育てているアカリです☆

今日は第1子を出産した時の出産レポを綴りたいと思います♪私は出産前は不安で他の方の出産レポを読み漁っていました。今出産が不安な方がいましたら是非読んでみて下さい。



出産レポ:1週間も続いたおしるし

6月1日:

朝8時頃起きてベッドでゴロゴロしていたところ、下腹部に軽い生理痛のような痛みを感じたと同時に便意を催す(普段は便秘)。もしかして出産の前兆かなと思いながら旦那さんを見送る。

その後すぐにおりものが大量に出た感覚があり、思わずその場で下着を見ると血が!量が多めでズボンまで血がシミが出来ていた。「おしるしだ!!」と認識するが、鮮血で量が多かった為、ネットで大丈夫か検索してとりあえず大丈夫そうと心を落ち着かせる。

とりあえず旦那さんに連絡し、”陣痛が来るかも!”とドキドキして日課の散歩と安産ヨガは行わずおとなしくしていることにした。

が、結局その日は陣痛は来ず。そして次の日も、またその次の日も…。

おしるしは続いていたが陣痛の予兆は現れず。結局陣痛が始まったのは結局それから一週間後。

出産レポ:ついに陣痛が始まる

6月7日:

午前中から軽い生理痛のような痛みが時々ある。しかし陣痛から遠ざかっていた為、あまり期待せず、お昼は行きたかったナン食べ放題のカレー店へ行きお腹いっぱいになる。

食べ過ぎたため夕飯は食べられず就寝。寝る前も軽い生理痛があった為、いつもより多いな〜〜もしかして、、と思いつつ寝る。

0時半過ぎ〜1時頃、

先程より少し強い下腹部痛が何度かあり目覚める。

徐々に陣痛?と思い始め、陣痛アプリで時間を測り始める。9分、9分、5分、6分、10分、12分と多いが規則正しくはない波だったので前駆陣痛?陣痛?と自信が持てず様子をみることにした。

2時50分、

痛みは継続していたた為産院へ電話。看護師は「12分の間隔があるならまだまだだろう、7,8分になったら電話して〜初産だからまだまだ産まれないからね〜」と割と冷たくあしらわれる。

3時45分、

間隔が3,4分になっており痛みも増幅しており再び産院へ電話する。「じゃあ〜1度来てみる?」と話があり病院へ。

このときには痛みは下腹部〜腰へ移行しており、痛みがあるときはしゃがみ込んで動くことが出来なかった。

次回、いよいよ産院へ行きます!この後、私は2度絶望します。。是非次も読んでみてください♪

出産レポート②〜37週で2900グラムの男の子を出産:陣痛編〜へ

母乳育児を頑張りたい方はこの記事をどうぞ▶【ラクラク搾乳】助産師オススメ!メデラ電動搾乳機ダブルポンプは母乳育児を応援!



Follow me!